成章敗れる

成章敗れる 成章高校の2回戦、京都の平安高校との試合は3-2で平安高校が勝利。
成章高校は惜しくも敗れた。
2回表に3点取られた後、6回裏に中尾のタイムリーなどで1点差に追いつき、
その後も1・3塁の場面もあったものの、平安高校に逃げ切られた。


中日(共同)

 平安は2回に4長短打で挙げた3点を、継投で守りきった。先発の左腕・川口は右打者の外角から外に逃げる変化球を効果的に駆使し、8回途中まで3安打2失点。2番手の松田は8回1死一、三塁のピンチを切り抜けた。
 成章の小川は2回に制球が甘くなったところを狙われた。3回以降は3安打に抑えただけに、悔やまれる。(福田)
 ▽2回戦
 平安-成章(9時1分、17000人)
平安(京都)
   030 000 000-3
   000 002 000-2
成章(愛知)
(平)川口、松田-児玉
(成)小川-丸山
(共同)

デイリー

 平安は二回に4長短打で挙げた3点を、継投で守りきった。先発の左腕・川口は右打者の外角から外に逃げる変化球を効果的に駆使し、八回途中まで3安打2失点。2番手の松田は八回一死一、三塁のピンチを切り抜けた。
 成章の小川は二回に制球が甘くなったところを狙われた。三回以降は3安打に抑えただけに、悔やまれる。

時事(

 平安は2回に荒竹、河野の長短打と丸本の適時打で3点を先取。これを川口-松田の継投で守った。川口はカーブなどの変化球を駆使して8回途中まで2失点。8回1死1、3塁のピンチを松田が併殺で切り抜けた。
 成章は6回に中尾の適時打で1点差に追い上げた。中盤から中堅中心に打ち返せるようになったが、終盤の好機を走塁死、盗塁死でつぶした

 創部100年目の古豪平安が、持ち前の勝負強さを発揮した。公式戦10試合中、1点差で勝った試合は5試合。初戦の逆転勝ちで勢いに乗る成章を振り切った。
 原田監督が試合のカギとした「(成章・小川の)内角攻めをいかに打ち返すか」を、打線がすぐさま実践した。2回二死二塁から荒竹が左翼へ先制の適時二塁打。「内角の内寄りを狙ってた。ズバッときました」。続く河野も「外角球には手が出ない」と内角狙いに徹した。そして小川の投じた6球目。「思い切り振りにいった」と、内角の直球を詰まりながらも左前へ運び荒竹が生還。さらに丸本の適時打で3点目を挙げ、序盤でリズムをつかんだ。
 4月から龍谷大の付属になり、校名が変わる。「平安」の名で臨む甲子園はこれが最後となる。「このユニホームを着て1試合でも長く試合をしたい」と山口主将。区切りの大会で、有終の美を飾れるか。

中日

成章敗退、応援団「よくやった」 アルプス、約4000人“菜の花”
よく頑張った-。27日の選抜高校野球大会2回戦で、成章(愛知県田原市)は平安(京都府)に2-3で惜敗した。三塁側アルプススタンドを菜の花色に染めた約4千人の応援団は声をからし、メガホンを打ち鳴らして声援を送り、古豪を追い詰めた健闘をたたえた。
 在校生や保護者、OBなどの応援団は昨夜、地元の田原市を出発。バス55台などで今朝、甲子園に乗り込んだ。関西に住む成章OBでつくる「関西成章会」の約250人も合流。鮮やかな若草色のジャンパー姿でスタンドに彩りを加え、故郷のヒーローたちに熱い声援を送った。
 成章は2回、平安に3点を奪われ、追い掛ける展開。6回に2点を返すと、応援団は一斉に立ち上がり、抱き合って大喜び。大歓声が響き渡り、「よっしゃあ」「このまま逆転だ」と一気に盛り上がったが、あと一歩及ばなかった。
 関西成章会の会長で、かつて成章のエースで4番打者だった阪本(旧姓・河合)正彦さん(72)=神戸市=は「本当に惜しかった。みんなを褒めてあげたい」と笑顔で振り返った。

にほんブログ村 野球ブログ 野球情報へブログパーツ